離婚をした時は結婚期間と関係がある

離婚の際の慰謝料請求額計算方法は?

離婚をしたときの慰謝料はいくつかのポイントで決められている。
例えば有責性。
責任がどちらにあるのかで当然変わってきます。

 

またその内容によっても変わってきます。
不貞行為であれば高い金額になりますが暴言や性格の不一致とかであれば金額はば不貞行為よりもやはり低い傾向にあります。

 

また相手額に資力があるのかどうかというのも当然ながら大いに問題となります。
資力が無い方から高い慰謝料の金額を求めるのも現実的ではないという事になります。
ということから資力というのも大きなポイントとなってきます。

 

もうひとつ婚姻期間の長さというものも慰謝料の金額のポイントとなるでしょう。
長い期間ですとそれだけ精神的ダメージも大きいと考えますので慰謝料の請求額も高く設定されます。

 

このようにいくつかポイントがありますがその中でやはり重要視されるのが婚姻期間の長さ、結婚期間の長さという点が大きい。。

 

裁判例や弁護士を対象にしたアンケートで結婚暦の長さ、慰謝料の額のアンケート結果があります。

 

5年未満ですと100万以下が多かった一方、30年ですと300万円上回るケースが多かった。
これは相場を表すものではありませんが結婚期間の長さで大きな金額の差が出てきたという結果が出たという事になります。

 

 

結婚期間の長さは慰謝料請求金額の算定として有効になるポイントだと考えられます。

 

 

任意整理を行ってくれる会社

任意整理を下記の会社に依頼すると以下のような事が可能です。任意整理の事を相談したい方は連絡してみてください。
・第三者に知られることなく任意整理ができます
・借金を5分の1に減額手続きをしてくれる。
・住宅にそのまま住み続けて任意整理してくれる。
・多めに払っていればその分も戻ってくれる手続きをしてくれる。
  匿名でも可能な相談事務所です!全国どこからでもメールで相談できます。

任意整理 任意整理