任意整理結婚する前、した後まとめ

任意整理クレジットカード加入している、加入する場合など

「日本の法律は個人主義を原則としている」ことである。すなわち、本人の任意整理が相手に直接的影響を与えないことが原則となっている。
しかしながら、実際に運用している場面において、多かれ少なかれ例外があることを忘れてはならない。例えば、結婚相手の女性が外で働かず主婦専業になるか、又は外で職を得て収入を稼ぐ等のケースによってはクレジットカード会社における対応はそれぞれ違ってくる。

 

任意整理手続きに入った人は5年から7年間はクレジットカードの認定は許可されない。

 

結婚相手の女性に収入がないとすれば、相手の方もクレジットカードは認可されなくなる。このような場合は任意整理中の人の与信基準は非常に厳しい結果を伴う。
ここで誤解してはいけないのは結婚相手の女性が外からの収入がある場合は、結婚相手の女性の収入が与信の基準とみなされるため、原則としてクレジットカードは認可される。

 

相手が既にクレジットカードを所有している場合には、結婚して外からの収入がなく専業主婦となった場合は、クレジットカードの更新ができなくなったり、一括請求がされたりする、ショッピング或いはキャッシング等の限度額が変更されて低くなるケースが発生することに注意する必要がある。

 

但し、結婚によって姓や住所が変更される場合においては何ら影響はないことが普通である。とはいえ、クレジット会社の裁量に左右されることに留意することである。無難なのは、クレジット会社に住所の変更だけを通知し、口座関連の情報は以前の状態にしておくことである。
 
<郵便局>
任意整理する本人、相手方の他に旧姓の人達を含めて郵便局に届けを出せば、クレジット会社からの各種情報、例えば支払明細書等を通常通りに配達される。また、一括請求に関しては相手方が外からの収入が毎月あって支払いに支障がなければ先ずない。

 

ということで、任意整理は未払い金利、遅延損害金、将来金利を返済する必要がなくなり、かつ引き直し計算によって借入金が減る。ただ、減額幅は小さいことは否めない。特に任意整理は交渉によっては減額幅に関する差の大小が生じることがデメリットとなる。

任意整理を行ってくれる会社

任意整理を下記の会社に依頼すると以下のような事が可能です。任意整理の事を相談したい方は連絡してみてください。
・第三者に知られることなく任意整理ができます
・借金を5分の1に減額手続きをしてくれる。
・住宅にそのまま住み続けて任意整理してくれる。
・多めに払っていればその分も戻ってくれる手続きをしてくれる。
  匿名でも可能な相談事務所です!全国どこからでもメールで相談できます。

任意整理 任意整理