任意整理結婚する前、した後まとめ

任意整理結婚について網羅!

 

まずは任意整理のお話からしていきましょう。
任意整理とは簡単にいうと借金などで困っている人が利息などの見直し、整理することによって借金額自体を減らしたり月々の借金返済額を無理のない返済に変える交渉です。

 

結婚と任意整理

 

任意整理をした人と結婚したらどうなるのしょう。

借金を肩代わりし同じように連帯してお金を返していかなくてはいけないのか?
当然そんな事はありません。

 

あくまでもその人とは別の人として法律的には扱われるでしょう。
ただ家族になるのですから多少なりとも負担は出るでしょうが連帯保証人で無い限り借金の連帯責任、ブラックリストに載るなどの影響はありません。

 

またご自信が借金があり債務整理をしていないという方がいらっしゃるのなら結婚前にした方が良いでしょう。
結婚後にするというのは相手方の理解があるのならよいですが内緒で行うというのであれば結婚前にした方が印象が変わるでしょう。
結婚後バレずに手続きをする方法はありますがあまりオススメできません。

 

家の購入や車の購入で借金が出来ない状態は数年続くわけですからね。(5年〜)

 

また冒頭で借金は個人責任となるとお話ししましたが男性など働き手が借金をしているかでも変わってきます。
よく女性など任意整理した人でローンをすることも無くずっとばれずに済んでいるという人がいますが男性などは家や車、クレジットを作る際などにどうしても分かってしまうという事があります。
任意整理は簡単にできますし結婚前に行っておいた方がよいでしょう。

 

任意整理中の結婚についての気になる項目まとめ

 

結婚して夫婦になったといえども債務やローンについては、例え任意整理中であっても法律上、直接的影響はない。また、任意整理中の相手もブラックリストに掲載されるというまことしやかなデマが飛んでいるが何の根拠もなく全くのデタラメである。

夫婦別産制について、世間一般では夫婦別産制が原則して運用されている。債務やローンに関し、契約時に保証をしない限り共同責任は問われることはない。つまり、審査においても夫婦でかつ同姓であっても、取り扱いは個人の問題として別々に行われる。ということは配偶者が任意整理中で債務者であっても、本人はローンを組むことが可能である。ただ、本人に「事故情報」の登録がされていないことが条件となる。また、借入金の保証を指定ない限り、返済の肩代わりを行う必要は皆無である。

債務整理は結婚前にするほうがベターである。借入金の整理をきちんと行って、新たな生活を迎えることに越したことはない。債務は結婚の有無に拘らず、返済義務は債務者本人にずっとついてまわるため、一刻もはやく債務整理をすべきである。

■夫が債務整理中の場合は、新規のローンに影響を及ぼすことがあるので注意が必要である。というのも、一般的にはローンの組む名義人は夫になることが普通であるため、住宅ローン、自動車ローン等に影響を与える。もちろん、夫名義のクレジットカードの新規作成も不可である。いずれにしても、債務整理を経験していれば、信用情報機関に「事故情報」が登録されている期間は審査はパスしない。妻が経済力をもち、ローンの名義人になるケースは話は別である。夫名義でローンを組む場合は5~7年で登録が抹消されるまで待つほうがいい。

 

【Q3:結婚相手が任意整理経験を有してもローンは組めるか?】

 

A3:結婚相手が連帯保証をしない限り、相手に代わって債務に対する返済義務は生じない。

 

【Q4:相手すなわち配偶者が任意整理中で債務者であってもローンは可能可?】

 

A4:あくまでローンを組もうとしている人に金融事故情報に記録がなければ全く問題なくローンが組める。たとえ、配偶者が任意整理の経験をしても問題はない。大事なことはローンの名義に注意を払うことである。そうでなければ、審査がパスしないケースも起こってしまうことがあるため、名義はとても重要である。。相手が夫で任意整理の経験を有している場合、金融事故記録が信用情報機関に記録されている間は新規のローン、クレジットカードの作成、キャッシング等は不可能である。特に、住宅ローンや車ローンであれば、名義は男である夫になるケースが通常であることから不可能である。「金融事故記録」が抹消されるまで我慢することである。もし、妻にそれ相当の経済力を持っていて、ローンの名義人として可能であれば問題はない。

【Q5:事故記録はいつ抹消されるのか?】

 

A5:事故記録が抹消されるのは一般的に任意整理後、5年~7年かかるといわれている。男性である夫名義で住宅や車を購入しようと考えているならば、5年~7年は色々我慢して待ったほうが良い。

【Q6:ローンを組む場合は他の金融機関を・・・?】

 

A6:5年から7年で金融事故記録が抹消された後はローンを組んだりすることは出来る。任意整理を行った金融機関の利用は避けて、他の金融機関をアタックした方が良い。

【Q7:結婚前に任意整理】

 

A7:相手が任意整理者であっても、法的には影響は皆無であるものの、ここは気分を一新させるため任意整理を済ませて結婚を迎える方が良い。早ければ早いほうがいい。新生活に暗い影を落とさないようにするためにも。暗い気分をさよならをすることである。

【Q8:任意整理をすると住宅ローンは?】

 

A8:債務を整理する方法のなかで、断然任意整理を選択する人が多い。その理由として考えられるのは個人再生や自己破産とは自己記録に対する捉えるイメージが任意整理とは全くかけ離れたものであること。任意整理はたとえ過払い請求や減額要求しても金融機関に対するダメージに大きな差異があり、可能な限り債務を返済するという姿勢があることから、個人信用情報機関のブラックリストにも掲載されることはない。かたや、個人再生や自己破産は法的処理故に官報に掲載され、個人再生の場合は1/5から1/10という大幅減額、自己破産の場合は債務はチャラになるものの10年はブラックリストから消えない。よって、7年から10年はクレジットカードや住宅ローン審査のパスは極めて困難である。任意整理であれば、5年から7年経過すれば自己記録は抹消されブラックリストから消えてしまう。

任意整理を法律事務所に相談する方法や流れは

 

やり方としては法律事務所などに相談し依頼。

 

依頼後、受任された司法書士や弁護士さんが借入先(債権者)へ依頼されたという通知をします。
この時点で通知をされた債権者たちは一旦取り立てを止めなければいけません。

 

ちなみに債権者への通知は通知を知った時点でということなので通知を知った時点でないことに注意。
この段階で借金の取り立てがなくなり取り立てから逃れることなるでしょう。
この任意整理を組みなおす事により借金が5分の1になったという人も実際にいます。

 

このようなケースも多く相談だけであれば無料で行っている法律事務所も多くありますので借金の見直しはしておいた方がよいでしょう。
法律事務所に連絡するにはまずメールで来店する時間を決めその時間へ来店するだけです。

 

その際にはあなたの負債の状況を明確にする必要があります。
例えば借り入れをしている会社の名前や所在など、返済額の額や年数などの用意です。
それらが明確に分かれば早い段階でよい解決方法をその場で教えてくれるでしょう。

 

その法律事務所さんの提案が良ければ依頼するだけ。
後は解決まですべて行ってくれます。
特に何かして頂くこともなく解決するまで待つだけでOKです。

 

契約をした時点で各借入先などの金融業者に受任の通知をします。
金融業者が複数であっても問題ありません。複数でれば各金融業者におのおのに通知を送ります。
冒頭でも説明したように通知をした段階で督促などが止まります。

 

月々や週の返済額、利息などを考え整理し、借金の完済において無理のない計画的な返済を金融業者との話し合いによりすすめていけるようになります。

任意整理を行ってくれる会社

任意整理を下記の会社に依頼すると以下のような事が可能です。任意整理の事を相談したい方は連絡してみてください。
・第三者に知られることなく任意整理ができます
・借金を5分の1に減額手続きをしてくれる。
・住宅にそのまま住み続けて任意整理してくれる。
・多めに払っていればその分も戻ってくれる手続きをしてくれる。
  匿名でも可能な相談事務所です!全国どこからでもメールで相談できます。

任意整理 任意整理